食べると危険!ネコにあげてはいけない食べ物

犬猫マメ知識
人間が食べる塩分や油分が多い食品のほか、
猫が食べると中毒を起こすものもあります。
猫が食べると危険な食材や植物を知っておきましょう。

スポンサーリンク

ネコに悪い食べ物は? たとえネコが欲しがっても人のご飯を与えてはダメ!

お食事をねだられると、ついあげてしまいたくなってしまいますが、
人の食べ物は塩分や油分、糖分などが多すぎるものが多く、
ネコには害になります。

魚の練り物やハム、ソーセージなどの加工品は塩分が多すぎます。
塩分過多の食べ物は心臓や腎臓に負荷がかかり病気の一因となりやすくなります。

また、人の食べ物はカロリーが高すぎるので食べさせないようにしましょう。

 

中毒や病気の原因となる植物

ネギ類やカフェインなど、
ネコが食べると危険な食べ物があります。

他にも香辛料やアルコールなどの刺激物、塩分・糖分の強いものは与えてはいけません。
ネコが拾い食いなどしないように注意が必要です。

ネコが食べると危険な食べ物一覧

  • ネギ類(タマネギ・長ネギ)
    (ネギ類は少量でも危険です)
  • チョコレート
    (中毒症状を引き起こします。大量摂取は死にいたることも。)
  • コーヒー・紅茶・緑茶
  • エビ・カニ・イカ・タコ・生魚など
  • アワビ・サザエ・貝類
  • なま肉
  • 骨つきの鶏肉・魚の骨
  • 牛乳
  • アボカド
  • 青魚類
    (アジ・イワシ・秋刀魚・サバ・マグロなどの青魚は
    生のまま多量に食べるとビタミンエ不足になってしまいます。)

などなど

ネコが食べると危険な植物一覧

植物にはネコが食べると嘔吐や下痢、不整脈などの原因になるので
ネコの手の届かないところに配置しましょう。

  • 紫陽花
  • アロエ
  • カラジウム
  • 桔梗
  • クリスマスローズ
  • ゴムノキ
  • シクラメン
  • ジャスミン
  • スイセン
  • スズラン
  • スミレ
  • パンジー
  • チューリップ
  • ヒヤシンス
  • ポインセチア
  • ゆり

などなど

 

ネコの行動は予測不能!食材の管理は慎重に

十分気をつけているつもりでも
いつの間にか戸棚に忍び込んで食べ物を食べてた!
というのがネコ。

我が家も何度ひやっとしたかわかりません。

「えーこんなところまで侵入するのか・・」

といったこともしばしば。

今回は我が家も気をつけなければということで
ブログに備忘録的に書いてみました。

ネコちゃんとの幸せ生活の為に
日々部屋の中を整えておこうと思いました。

タイトルとURLをコピーしました