母親5年生になりました。娘がいてくれるだけで幸せな日々。


こんにちは
ゆきのんです。

先日娘が五歳の誕生日を迎えました。
五歳にもなると、お手伝いもたくさんしてくれるようになりますし
とても手がかからない印象です。
とってもとっても成長したなと実感しています。

 

いてくれるだけでいいという幸福感

五年間育ててきて、たくさん親子げんかもしました。
よそと比べたて落ち込んだりもしました。
ただ五歳になる前に実感したことがあります。
それは
「ただいてくれるだけで本当に幸せ」
という気持ちです。

 

二人目不妊を経験して見えてきたもの

娘が産まれてから、
ずっと2人目が出来たらと思い、
色々取り組んできましたが
中々授からず。

周りの2人目ラッシュを目の当たりにしては
落ち込む日々。

「私には、この子一人なんだ」

そう思うと
不思議に成長がどうとか
子育てが思い通りにいかないからどうとか
あまり考えないようになりました。

勿論、色んな事が起きるたびに悩みますが、
根本には

「この子が存在してくれるだけで十分。100点満点。全部問題無し!」

と心から思えるようになり、
娘をより愛おしく感じるようになりました。

 

年々欲が無くなる

子育てもそうですが、
全体的にあちこち欲が無くなってきました。

あれが欲しい、
これも欲しい

というのが元々ないのですが、更に希薄になってきたように思います。

これは良い事なのか、悪い事なのか・・・。

ただ流れている時間がたまらなく愛おしい。

そして不思議と毎日が面白い。

そんな私がこれからどんな成長をするのか

ちょっぴり不思議なのですが、
俯瞰したように、母親5年生の自分を
娘の成長と同様、心から楽しんでいきたいと思います。

 

このブログを書いた人
東京都東久留米市在住のフリーのWEB/グラフィックデザイナー。
一児の母。
日々一日、丁寧に暮らすことが好き。
家族で過ごす時間をこよなく愛する。
【趣味】クラシックバレエ・アロマ・犬の散歩・犬のシャンプー・家庭菜園・娘の髪の毛を結ぶ事。
【好きな時間】ぼーっとしている時間

2017-08-28 | Posted in 5歳子育てNo Comments » 

関連記事