多種多様な「保存」を通して感性を刺激する「保存展」へ行ってきたよ!


多種多様な「保存」を通して完成を刺激する「保存展」へ行ってきたよ!

こんにちは!
ゆきのんです。

prof2016_3

 

デザインテーマは、“保存”

池袋パルコの本館7Fにある
デザインをより身近に楽しみながら学ぶための体験型展覧会
PARCO DESIGN MUSEUM」の
保存展」へ行ってきました!

img_0219

「保存」を、「食」「デザイン」「アート」などを切り口として
多種多様な「保存」の在り方を紹介しています。

img_0220

何?なんか渋い展示なの?

内容だけ聞くと、
割と渋い感じの展示会なのかと思うのですが、
入ってみると、「保存」というモノ・コトを通して
「アート」や「デザイン」そして「食」にまで感性を広められる
空間となっていました。

 

保存って、地味じゃない?

保存がテーマって地味な感じするのですが、
展示スペースの最初に飾られている「透明標本」
はとても綺麗で、それを見ているだけでもビビビっと
普段刺激されない感性が刺激される感じがしました。

 

個人的に好きだった古いMacやフロッピーディスクの展示

個人的に好きだったのは
初期のMacintoshのコンピューターがズラズラと展示されている箇所は
胸がワクワクしました^^

「当初のMacって、こんなショボかったっけ・・・」
と思うくらい小ぶりだけど重量感たっぷりの風貌。
また、今は全然使わなくなったフロッピーディスクや
Adobe製品の古いパッケージ等、
デザイン関係をしている人だったら

「そぉそぉ!こんな感じだった!」

と話が盛り上がるのではないでしょうか^^

 

主婦だけに「食の保存」コーナーも魅力的でした。

展示の最後の方になると、
「麹」や「漬物」等を美しく飾ってあるコーナーも。

「食」を通して芸術性を感じられる、とても素敵な空間でした。

 

 

2016/10/21 (金) -2016/10/30 (日) まで。入場料無料です!

「保存展」を見ていると、
一見「デザイン」とか「アート」って
「芸術家の人たちが創り上げていくもの」
というイメージがありますが、

生活のとても身近な物をいつもと違う心を通してみると
凄く素敵な物に変化できるんだなと思いました。

日頃の凝り固まった思考を少しずらして
面白くできる。
そんな展示でした。

ご興味のある方は是非、足を運んでみてくださいね^^

会 場
PARCO MUSEUM パルコミュージアム
池袋パルコ 本館7F
東京都豊島区南池袋1-28-2
期 間
2016/10/21 (金) -2016/10/30 (日) 
10:00~21:00
※最終日は18:00閉場。
入場料
入場無料
主 催
パルコ
企画制作
アッシュ・ペー・フランス株式会社 BATOMA
お問い合わせ
03-5391-8686  (パルコミュージアム)
会場構成
SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd 吉田愛

 

 

この記事を書いた人
東京都東久留米市在住のフリーのWEB/グラフィックデザイナー。
一児の母。
日々一日、丁寧に暮らすことが好き。
家族で過ごす時間をこよなく愛する。
【趣味】クラシックバレエ・アロマ・犬の散歩・犬のシャンプー・家庭菜園・娘の髪の毛を結ぶ事。
【好きな時間】ぼーっとしている時間

広告











2016-10-25 | Posted in LifestyleNo Comments » 

関連記事