ロゴデザイン盗用問題とデザイナーという仕事


怒られてる。
怒られてますね~(笑)
例の東京オリンピック2020のロゴマーク盗用問題。

[browser-shot url=”http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150818-00000031-dal-ent” width=”300″ height=”150″ target=”_blank”]
尾木ママ、佐野氏は「日本の恥」 五輪エンブレムは「泥棒の作品」

これについての細かい事は当事者ではないので
細かく言いたくないですし、言いませんが、
デザイナーという仕事って難しいな~と
改めて考えました。

【私から見たなんとなくの事件の経緯】

・東京オリンピック2020のロゴ問題について

非常に酷似していると指摘され訴えられるが当デザイナーは盗用を否定。

・企業のキャンペーンプレゼントのトートバッグデザインが海外のデザイナーのデザインに告示と指摘される。

当デザイナーの雇用しているデザイナーがトレースを認める。

え?当人がデザインしたんじゃないの?みたいな事も言われる

難しいですよね・・・。
この問題。

この問題に言及はしませんが、
デザイナーという仕事はやっぱり
「遊び」とか
「休息」がちゃんとできないと
良い物が作れない仕事だなぁ・・・と
今年になって私自身身に染みて思いました。

自分でワクワクしたり、
自分の「好き」を追求したり。

そんな時間が無いと、

やっぱり人をワクワクさせたり、
お客様を魅了するデザインなんて
創れないなぁ・・・と。

だけどね、やっぱり遊んでばかりじゃなくて
納期や制作時間が決められている案件が殆どで
その中で
「これ良い!!!!」
という物を常に創る。

でもその「遊ぶ」と「創る」の時間のバランスを
スケジューリングしなければなりません。

どうしようか。
そうだ、人を雇うとなる。

有名なデザイナーさんになればなるほど
制作時間に追われ、人を雇います。
そして今回のこの事件・・・。

あぁぁ・・・。
これは怖いなと。

東京オリンピック2020のロゴの件は良く分かりません。
シンプルなロゴは、世界を見渡せば似ているロゴは
たくさんあるように思います。

う~ん・・・。
詳細な真実は分かりませんが、
丸く収まって欲しいです。


 

個人的にはやっぱりデザイナーさんに必要なのは
十分な休息と心の余裕。
休息と遊び心だなと。
それが無ければやっぱり良いアイディアやデザインは生まれません。

20150818

私は子育てしながら自宅でデザイナーをしていますが、
もっと多くのお仕事を請け負うと考えると、
「人を雇う」?
となるけど、諸々考えると
現実的ではありません。

世間のキラキラした人たちを見たら色々思う事もありますが、
私的には東京の片隅で、マイペースに
ゆっくりのんびりでもいいのでお客様と「良い物」を
いっしょに作っていきたいです。


 

東京オリンピック・・・楽しみにしているんだけどなぁ・・・。
物言いが多すぎますね・・・。
皆が楽しめるような形で開催されますように・・・。

東京都東久留米市在住のフリーのWEB/グラフィックデザイナー。
一児の母。
日々一日、丁寧に暮らすことが好き。
家族で過ごす時間をこよなく愛する。
【趣味】クラシックバレエ・アロマ・犬の散歩・犬のシャンプー・家庭菜園・娘の髪の毛を結ぶ事。
【好きな時間】ぼーっとしている時間

2015-08-18 | Posted in 書き留めてみる事No Comments » 

関連記事

Comment





Comment