オススメ育児書「保育園義務教育化」


最近心が整理されてスッキリしましたが、
先日のブログ記事でもあるように
育児に行き詰まりを感じていました。
保育園行きたくない②

なので悩みがなんとか解決できないかと隙間時間にたくさん本を読みました。

そのなかでお勧めの育児本をご紹介します。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】保育園義務教育化 [ 古市憲寿 ]

です。

 

内容紹介(本文より)
もし保育園が義務教育になったら…?

子供の学力は向上し、児童虐待は減少し、景気も向上?
もう世界では始まっている!!
社会学者・古市憲寿が提言する、母や子供、日本を救う少子化対策!

「保育園義務教育化」はただ少子化解消に貢献するというよりも、社会全体の「レベル」をあげることにつながる。良質な乳幼児教育を受けた子どもは、大人になってから収入が高く、犯罪率が低くなることがわかっている。
同時に「保育園義務教育化」は、育児の孤立化を防ぐ。今の日本では、子育ての責任がとにかく「お母さん」にばかり背負わされている。
子どもが電車や飛行機の中で泣くことも、学校で勉強ができないことも、友だちと起こしたトラブルも、何かあると「お母さん」のせいにされる。
だけど、本当は育児はもっと社会全体で担ってもいいもののはずだ。しかも子育て支援に予算を割くことは経済成長にもつながる。いいことずくめなのだ。


始めにこれだけは言っておきたいのですが、
著者はどの家庭でも無理やり保育園を画一的に0歳児から行かせろ!
という事を書いている訳ではありません。

本文中の中でも

そして何よりも断っておきたいのは、「幼稚園」や「専業主婦のお母さん」を否定するつもりはないということだ。

働くお母さんだけでなく、専業主婦のお母さんも、もっと保育園を活用できるようにしたほうがいいというのが本書の主張だ

と仰っています。

著者は日本の少子化問題から今の子育て事情を心配しています。
そして、なにより若い男性の方なのに「日本の母親事情」に
とても詳細に知ってくれています。

各項目のタイトルも心を打たれます。

・日本も実は「一人っ子政策をしている」
・本当はお母さんを心配していない日本
・お母さんは寝なくていいの?
・哀しい叫び「子どもがかわいいと思えない」

そしてそして・・

 

この国は「お母さん」というだけで「人間」扱いしてもらえなくなる。

なんだかドキッとしますよね(笑)

そう、この国では「お母さん」は「お母さん」という生き物になってしまっているよなと私も思っていました。
「子どもと3歳までは絶対離れるな!」
という周囲の視線が原因で虐待などの悲しい事件や親子間の不協和に繋がるのなら、
子供を一時的でも安心できる場所に罪悪感を持たずに預けられた方が良いのでは?
というような事が書いてあります。

その他にもお母さん目線の事だけではなく、
男性目線、行政への思いなどとてもよくまとまっていて
かつ読みやすい内容となっていました。

子育てに息詰まりを感じていたり、一人悩んでいるお母さんには
一見の価値はあるかと思います。

おすすめです^^

osusume

東京都東久留米市在住のフリーのWEB/グラフィックデザイナー。
一児の母。
日々一日、丁寧に暮らすことが好き。
家族で過ごす時間をこよなく愛する。
【趣味】クラシックバレエ・アロマ・犬の散歩・犬のシャンプー・家庭菜園・娘の髪の毛を結ぶ事。
【好きな時間】ぼーっとしている時間

2015-08-11 | Posted in Lifestyle, お勧めの本No Comments » 

関連記事

Comment





Comment