この仕事が教えてくれていること


この仕事が教えてくれていること

デザインの仕事を始めて
なんだかんだ10年以上になりました。

最初は
「デザイナーって何か分からないけどかっこいい!」
というところから入って、
「センスがない自分がデザイナーになれっこないや」
なんて、
いじけにいじけてやりながら
気づけば10年以上、
この仕事でお金を頂けています。

とっても幸せです。

 

この仕事を始めた頃はカッコつける事を優先していた

この仕事を始めた時は
「センスがよく見られたい!」
とか
「ダサく思われたくない!」
なんてことで頭でっかちになっていたように感じます。

でも今は
この仕事が私に教えてくれた事、
私に伝えようとしてくれていた事は

「センス良く見せる」
とか
「カッコイイと言われる」
とか
そんな事じゃなく、

「どうやったらあなたは幸せなの?」

という事だったように思います。

 

幸せ感無くして余裕無し、そしてセンス無し

「自分自身をどうやって幸せにするのか」
という事と、
「デザイン業をやる」
という事は一見全く関係ないんだけど

結局
「自分が満たされているかどうか」
という事を最優先にすることで
良い仕事もできてきた気がします。

 

きっと
この仕事は
私に幸せになって欲しいと思っているんだろうなって
思ったりします。

「幸せを感じている時は何をしたらいいと思う?」
「上手くいっている時はどう過ごせばもっと幸せを感じると思う?」

「大変な時はどうしたら笑顔になれるんだと思う?」
「上手く行かないとき、どうしたらご機嫌に戻れるんだと思う」

この仕事は
たくさんたくさん、
私に問いかけてきてくれて
私を成長させてくれました。

だから

仕事をしていて苦しいことも辛い事もたくさんあって、
凄く悩む事もあるけど、
やっぱり「続けよう」
「この仕事と一緒に歩いて行こう」
って思うんです。

難しい話になったぜ。
ワンコも眠くなってきたぜ。

昔より、
少しだけ、
少しだけだけど、
自分をご機嫌にすることが出来るようになってきたかなって
思います。

このお仕事に感謝です。

 

このブログを書いたひと
東京都東久留米市在住のフリーのWEB/グラフィックデザイナー。
一児の母。
日々一日、丁寧に暮らすことが好き。
家族で過ごす時間をこよなく愛する。
【趣味】クラシックバレエ・アロマ・犬の散歩・犬のシャンプー・家庭菜園・娘の髪の毛を結ぶ事。
【好きな時間】ぼーっとしている時間

2017-03-13 | Posted in LifestyleNo Comments » 

関連記事