「できない」から「できる」に変えてみる【オススメ本:キャッチ! JR福知山線脱線事故がわたしに教えてくれたこと】


   今日お勧めする本は

「キャッチ! JR福知山線脱線事故がわたしに教えてくれたこと 」

この著者である岡崎愛子さんは、あの2005年4月25日JR福知山線の脱線事故の際に

1両目に乗っていて奇跡的に助かったものの、被害者最長の377日間入院していた方です。

実はこの著者岡崎愛子さん。

私が結婚後に起業する際に

とあるビジネスセミナーにてお会いしたのが初対面でした。

初対面から車いすユーザーだった愛子ちゃんでしたが、

彼女の事を一度も

「障がい者」

として見たことがありませんでした。

勿論、介助が必要な場面は多々あったのですが、

彼女が言うと、何てことないような事に聞こえたんです

「あ、そこの雑誌取ってくれない?」

そんな感じで

「建物の中に入るのに一人では厳しいので手伝って下さい」

「忘年会の会場は車いすでも行ける所にしてください」

介助を要求する際も微塵も臆することなく、堂々としていましたし、

何より

本当に本当に可愛い女の子だなぁ~。

真っ直ぐで素直で笑顔が可愛くて、

素敵な女性だなぁ~。

と思っていました。

だから、

「何で車いすなんだろう?」

なんて聞こうともしなかったし、

そんな事も関係なかったのです。

「本を出版します」の言葉にドキッ

今年の4月、そんな彼女が

「本を出版します」

と言っているのをSNSで発表していました。

「はてなんの本だろう?」

「大好きな犬の本かな?」

なんて思っていたら。

タイトルが

「キャッチ! JR福知山線脱線事故がわたしに教えてくれたこと 」

「えっ・・・・」

絶句しました。

「あの事故の日、あの電車に1両目に乗っていた私は・・・」

そんな風にSNSに書いてある言葉が理解できたなった。

それと同時に

あのテレビの画面を通して見た

恐ろしい映像をハッキリと思いだしました。

「・・・・・・・うそでしょ・・・。」

それを知った時、

この本を読むのが正直怖かった。

まさか、

あの可愛い愛子ちゃんが

あの事故車両の1両目に乗っていた・・・・。

ショックで。

それまでデザインのお仕事なども

お願いされた事もあり何度となく

お話しする機会もあったのに。

何にも知らなかった・・・。

「私・・・愛子ちゃんの何も分かって無かったんだな・・・」

そして

事故当時の描写を読んで、

あの可愛い愛子ちゃんが

そんな怖い思いしていたなんて

想像もしたく無かった。

読もうかどうしようか・・・。

読む勇気が無いまま

読めずにいました。

本を読もうと決心

本を読もうとしたきっかけは

この子。

IMG_3084

我が家にワンコが来たのが

7月。

実は、

「犬を飼おう」

と決心した理由はいくつかあるのですが

愛子ちゃんが

「本当に犬って、無償の愛を与えてくれるんですよ!」

そう言っている時の愛子ちゃんの目は

本当にキラキラしていて、

「犬が好き!」

のエネルギーに圧倒される位でした。

その時に

「人生で死ぬまでに一度は犬を飼いたい」

と思うようになり迎えたのが我が家のワンコです。

IMG_3087

ワンコ「?」

犬を飼い始めてまだ日も浅いのですが、

愛子ちゃんの言っていた事がなんとなく

理解できました。

愛子ちゃん「犬って、どんな状況でも変わらず愛情を与えてくれるんです」

あぁ、本当にそうだな。

そう思った時

「よし!この本を読もう!」

と思いました。

感想

この本の素晴らしい所は、

誰の悪口も書いていないところ。

愛子ちゃんからすれば、

恨めしく思う方々もたくさんいるはず。

でもそうじゃなくて、

どんな状況でも前向きに

そして全力で生きている愛子ちゃんの姿を知ることができ、

「もっと早く読めばよかったな」

と号泣しました。

【本文より抜粋】

「できない」から「できる」に変えてみる。

「できる」を見るように考えたら、生活において、できることは意外に多かった。

(中略)

小さな成功体験ではあったが、これを積み重ねていけば、どんどんできる事が広がる事に気づいた。

1秒1分1時間1日1年。

積み重ねていく事の大切さ。

そして明るく前向きに進む事の大切さをこの本から学びました。

「こんな私なんて・・・」

そんな事を考えて下を向いている人がいたら

是非読んでもらいたい。

「自分って素敵だな」

って思えるところを

一つ一つ数える事ができるきっかけになる本だと思います。

是非読んでください。

勇気をもらえる1冊です。

東京都東久留米市在住のフリーのWEB/グラフィックデザイナー。
一児の母。
日々一日、丁寧に暮らすことが好き。
家族で過ごす時間をこよなく愛する。
【趣味】クラシックバレエ・アロマ・犬の散歩・犬のシャンプー・家庭菜園・娘の髪の毛を結ぶ事。
【好きな時間】ぼーっとしている時間

2015-10-02 | Posted in Lifestyle, お勧めの本No Comments » 

関連記事

Comment





Comment